リフォームとは

英語の reform は「改心する、改正する」もしくは広く「作り直す」の意味で、日本語の「住宅リフォーム」に相当する語は Renovation です。また、建築業者の中には「リフォーム」ではなく、「家を作り直す」との意を込めて「リホーム」(ReHome)としているところもあるようです。
住宅リフォームの主なものとしては

・雨漏りなどの修繕
・外壁の取り替え
・住宅設備(キッチン、浴室などの水周り主体)の取り替え、補修
・今の住宅の床面積を増やす(増築)
・今の住宅の床面積を増やさずに中の間取りを変える(改築)
・省エネルギー性能の強化(エコガラス(省エネ複層ガラス)、サッシなど)
・耐震性の強化(補強工事など)
・手すりや階段昇降機の設置などのバリアフリー対応化
・オール電化

他が挙げられます。

一般的には、近在の工務店を中心にした業者に見積もりや工事を依頼します。基本的に一品対応になるため部材の価格は比較的高めになります。また、現物合わせの作業を精度良く行うために熟練作業が必要となり、小規模な改装であっても高くつくことも多いようです。

例えばユニットバス取り付け工事では、ユニットバス自体は工業量産品のため価格は明瞭ですが、現物合わせで取り付ける作業に手間を要し作業費がかさむこともあります。 そのため、施主が材料を安価で調達し、工事会社へ支給する「施主支給」というシステムを利用し施工するケースも増えてきています。

なお、住宅リフォームを行う場合、築年数やリフォーム業者、リフォーム内容など、条件によっては自治体から補助金が支給される場合があります。

最近、ご宅のリフォームをする人が増えています。1970年代1980年代に供給された戸建住宅やマンションが大量にあることに加え、景気低迷により建替えや買換えが難しくなってきていることもひとつの要因でしょう。また高齢化時代を迎え高齢者向け住宅リフォームの需要が増えている、少子化により2世帯住宅へのリフォーム需要が増えている、震災の影響から耐震リフォームの需要が増えている、といった理由もあるようです。

リフォームは、部屋の間取りを変える、クロス(壁紙)を張り替える、キッチンを最新のシステムキッチンにする、畳を入れ替える、手すりをつける、庭を作りかえる、等々。カーテンを取り替えることだけでもリフォームです。

リフォームを大まかに分けると、家の躯体に変更を加える増改築と、内装の模様替え、キッチン・浴槽といった設備の入れ替えや外壁の塗り替えといった、住空間を豊かにするための修繕・維持工事に分けられます。

近年の住宅リフォーム市場の成長を支えているのは、増改築よりも、住空間を豊かにするリフォームの方です。

当社のリフォームはすべてオーダーメイドであり、お客様の要望に合った最適なリフォームを適正な価格でお届けすることをモットーにしています。 対象エリアへのメッセージというのはとても重要ですし、その配信の仕方というのは多岐に渡っています。注目されるべきことです リフォームのプロが施工にあたります。ご期待以上のリフォームをお届け致します。 お客様のご希望を形にする技術があります。 リフォームなら山商リフォームサービス